会社に行きながら独学で宅建を取る方法を伝授

幼児教育のプロを目指す

子どもと女性

子どもの教育と自立を促す

幼稚園教諭は、満3歳から小学校入学前の子ども達を教育する大切な役割を担う仕事です。幼稚園教諭として働くためには、子どもが好きという気持ちが大前提ですが、国家資格の幼稚園教諭免許状を取得する必要があります。幼稚園は文部科学省が管轄する施設なので子どもの教育を目的に設置されていますが、教育だけではなく生活面で自立ができるように様々なサポートもしています。幼稚園には公立と私立があり、幼稚園によって勤務形態や待遇などが異なりますが、市町村が運営する公立幼稚園の方が待遇面で安定しているため離職率が少ない傾向にあります。また、幼稚園教諭は国家資格を取得した幼児教育のプロなので、結婚や出産後も復職しやすく、生涯働くことのできる仕事です。

自分に合った学校選び

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭の養成課程がある大学や短期大学、専門学校などで幼稚園教諭に必要な知識を取得し、免許状を取得する必要があります。幼稚園教諭の養成学校はたくさんありますが、卒業した学校によって免許状の種類が異なります。大学院を卒業すると専修免許状、大学を卒業すると一種免許状、短期大学や専門学校を卒業すると二種免許状が取得できますが、幼稚園での仕事内容に違いはなく、仕事をひとつひとつしっかり覚えていく必要があります。最近では、保育園と幼稚園の機能を一体化した認定こども園が増えているため、幼稚園教諭と保育士の資格を同時に取得できる学校も増えています。理想の働き方ができる学校を選び、学ぶことで仕事の幅を増やすことができるので、自分に合った学校を選ぶことが大切です。