会社に行きながら独学で宅建を取る方法を伝授

人を動かす力を学ぶ

男の人

マネジメントの知識を深めたいという場合は、それに関連する資格の取得を進めておくことも大切です。柔軟性を身に付けられるので、これからの人生において欠かせない存在となるでしょう。

しっかりしたサポート体制

カウンセリング

言語聴覚士になるには専門学校への入学が最適とされ、多くの志望者に注目されています。専門学校では、言語聴覚士についての勉強はもちろん一般教養についても学ぶ事ができます。国家試験や就職等あらゆるサポート体制は万全です。

予備校に通うメリット

男性

傾向と対策の大切さ

宅建の資格試験に合格するのにもっとも効率が良い方法は、専門の予備校に通って勉強することです。なぜなら、宅建の試験は基本的に「いかに受験者を落とすか」を念頭において考案される傾向があるからです。言い換えれば、試験で満点を取ることを目的に勉強するのは、逆に試験合格から遠のくことになります。独学での勉強方法は、主に参考書によって勉強を進めることになりますが、市販の参考書は得てして試験範囲を網羅したものが多く、そのすべてを理解し、あるいは暗記するという方法になりがちです。宅建の予備校は、たしかに高い授業料が必要となりますが、試験の傾向と対策に沿った、効率の良い勉強方法を指導してくれるため、独学よりもはるかに効率的に勉強することが可能です。

頻出の問題を押さえる

繰り返しになりますが、宅建の資格試験は、受験者を落とすことを主体としています。そのため、なかには解けない問題が何問か含まれています。たとえば民法の条文の問題などは毎年必ず一問出題されますが、正解することは非常に難しいのが常です。ですが、そうした問題は、誰もが「解けない」ものであるため、合否そのものに影響しません。もし独学で宅建の資格試験合格を目指すなら、毎年必ず出題される分野をしっかりと押さえ、そこは必ず得点できるようにすることです。民法等なら代理や相続、借地借家法、法令であれば都市計画法と建築基準法が必ず出題されています。また、宅建業法は範囲が狭いうえに50問中の20問が出題されるため、独学での合格を狙うならまず押さえておくべき範囲となります。

幼児教育のプロを目指す

子どもと女性

幼稚園教諭は、成長が著しい子どもの教育や生活面のサポートを担うとても大切な仕事です。幼稚園教諭になるためには、大学や短期大学、専門学校などの養成学校で学び、国家資格の幼稚園教諭免許状を取得する必要があります。